本文へスキップ
駅の宿ひらふ http://hirafu-eki.com/i/index.html staff@hirafu-eki.com TEL:0136221956 携帯版サイト
お得なプランをご用意しております。詳細はこちらをご覧ください。

英語のホームページ
英語のページです

  北海道新聞
購読してます
  相性診断テスト
予約しようか迷っているあなた。
当宿との相性をチェックしましょう。
  リニューアル情報
DIY(セルフビルド)大好きな
オーナーの最新改装報告です。
歳時記・DIARY

2006年の出来事

メルマガ「ひらふの駅から」より

No.30(2006/04/23)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 日本中が大雪、この冬の比羅夫は…
● ヘルパー中途退宿に対する御意見
● 田舎暮らしにおける冬場の生活
● しま太郎と買主の悩み
● あとがき(中古車情報)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


No.31直前号(2006/10/31)

No.31(2007/2/15)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 自宅ログハウス、ついに完成
● リニューアル情報
● しま太郎のその後
● 子供達の成長
● 最近テレビ取材を断っている理由
● パン作り
● 4月からの料金改定
● あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━


No.32(最終号・2007/3/19)


=== From HIRAFU Station =================================================
              ひらふの駅から
             No.30(2006/04/23)
=========================================================================
 みなさん、お元気ですか。
 また半年の間、ご無沙汰をしてしまいました。宿の仕事と駅の除雪と自宅ログの
建築と子育てとの掛け持ちで、このメルマガは「まぐまぐ」に停止処理される間際
で発行する状態になっております。これからもしばらくこんな状況が続くと思いま
すが、どうぞ気長にお待ちいただけると助かります。
 私達家族は先日まで里帰りしていました。地元の京都と大阪はちょうど、桜が満
開。どこへ出掛けても桜並木に出会え、こんなにたくさんあったんだなあと故郷の
魅力を再発見しました。
 さて今回は以下の話題を御紹介いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 日本中が大雪、この冬の比羅夫は…
● ヘルパー中途退宿に対する御意見
● 田舎暮らしにおける冬場の生活
● しま太郎と買主の悩み
● あとがき(中古車情報)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 うちの女将さん「あっちゃん」のコラムは今回お休みです。楽しみにしていた
だいていた方、ごめんなさい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 日本中が大雪、この冬の比羅夫は…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今年の冬は全国各地から大雪のニュースが伝わってきましたが、こちら比羅夫で
も多聞に漏れず、毎日雪かきの日々が続きました。今年の雪は12・1月の2ヶ月
間で短期集中的に降りました。朝起きると30cm以上積っている日が3日連続し
て、雪の壁が一気に1m高くなったりする日もあり、除雪機にカバーを掛ける暇も
ないほどの状況でした。なんせ12月半ばで比羅夫はもう2月末のピーク時のよう
な風景になってしまっていましたから。
 おかげでこの2ヶ月は自宅ログの建築作業はほとんど進まず、その代わりインタ
ーネットで電気器具や給排水などの設備品を探すことに時間を費やしました。あれ
ほど降った雪も2月中旬から小康状態になり、作業も少しづつ進み、現在の進捗状
況は電気配線をほぼ終え、給排水管設置と天井張りを平行して進めているところで
す。お客様が多くなる7月には入居したいと思っているのですが、果たしていつに
なりますやら。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● ヘルパー中途退宿に対する御意見
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前号で昨夏のヘルパーが途中で辞めてしまったことを御報告いたしました。それ
について数人の方から御意見をいただきましたので紹介すると同時に、こちらの考
え方もお伝えしたいと思います。
 まず代表的な意見としては、不特定多数の人が読むメルマガに個人的な内容を掲
載するのはいかがなものかということでした。これに対しては、今から考えるとこ
ちらも確かに若干感情的になっていた面もないとは言えませんので、お気を悪くな
された方もいらっしゃったかと思います。その場合は素直に謝りたいと思います。
ただ、今現在ヘルパーに対する気持ちはほとんど変わりませんし、その後彼の内情
などを伝え聞くこともあり、あの時縁が切れて結果的に良かったのかなと思ってい
ます。
 またメルマガの内容で宿のイメージがマイナスになることは書かないほうがいい
と言う意見もいただきました。確かに経営のことだけを考えたら、良いことだけを
書いているほうがいいのは分かっています。でもそれでは企業の利益優先主義的な
内容になってしまいます。私はたとえそれでお客さんが減ってしまったとしても、
このメルマガは出来るだけ気持ちをストレートにぶつけた内容でありたいと思って
います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 田舎暮らしにおける冬場の生活
━━━━━━━━━━━━━━━━━
 北海道で生活していくには克服しなくては行けない課題がいくつかあります。そ
の1つが雪道での車の運転です。私と女房はこれに関してはまさに対照的で、私が
タイヤを滑らしながら走るのも結構好きなのに対し、女房はできることなら運転な
どしたくないタイプなのです。そこで冬の保育園への送り迎えは私が担当すること
になります。その代わり、料理はほぼ全て彼女がやってくれるので、それは適材適
所でいいことだと思っています。子供好きの私としては、保育園に行くのが楽しい
し、最近ではみんな僕を覚えてくれて集まってきてくれるようになっています。
 またここ比羅夫周辺は雪が降り続くので、外に出て遊ぶことさえ難しくなります。
そこで部屋の中で遊ぶのですが、弟の俊介はおとなしく絵本やおもちゃで遊んでく
れるのですが、兄貴の祐作はやんちゃでそんなものはすぐに飽きてしまい、「戦い
ごっこしよう」などと体力を思いっきり使う遊びを要求してきます。これはそう長
くもたないので、良くないこととは知りつつもどうしてもテレビをつけて時間を消
化してしまうようになりがちです。「おかあさんといっしょ」からそろそろ卒業し
かけている祐作は「ウルトラマンメビウス」「ボウケンジャー」「仮面ライダーカ
ブト」にはまっています。これを見ている時がこっちの休息時間となっていいので
すが、その後ヒーローになりきっている祐作からパンチが何発か炸裂するのは何と
かしたいものです。もちろん度を過ぎた時や俊介に一発食らわした時はこっ酷くし
かりつけると、泣きながら「ごめんなさい。もうしません。」と謝るのですが、こ
れはすでに条件反射になってしまっています。いつか理解できる日がくると信じて
気長に諭していくしかないですね。

━━━━━━━━━━━━━
● しま太郎と買主の悩み
━━━━━━━━━━━━━
 待合室で飼っている猫のしまが同棲中だと前号でお知らせしましたが、その後の
新たな展開がありました。実はこのメス猫のミ−ヤ、相当な食べすけでした。餌箱
に入れたものをしまよりミーヤのほうがたくさん食べていましたがそれでも足りず、
絶えず餌をねだり続けていました。そして年末年始、お客さんが惣菜などのパック
を待合室のごみ箱に捨てることが多くなり、これに味を占めたミーヤは毎日ゴミ置
き場をあさるようになりました。朝になるとゴミ置き場はグチャグチャに荒らされ
ています。そんなことが1週間ほど続き、何度も言い聞かしたのですが一向に直ら
ないし、忙しい時に仕事を増やされてついに堪忍袋の尾が切れ、ミーヤを待合室に
入れないようにしました。少々可哀想ではあったのですが、このままではJRから
注意されるのは時間の問題で、そうなるとしまもいられなくなりかねません。その
後しばらくは駅の周りをうろついていましたが、そのうちどこかへ行ってしまいま
した。
 正直この時はホッとしたのですが、以前から紹介いただいている札幌のFM局の
DJさんが噂を聞きつけて、ミーヤを保護したいと言って駅まで来られました。今
さら見つけようがないですよとお帰りいただいたのですが、餌をたくさん置いてお
けばいいと、数日後大量の餌が送られてきたのには少々参りました。一日3度規則
正しい食事を取らせたほうがいいのは猫も人間も同じだと思っているので、こちら
の飼い方に対して口を挟まれるのは正直いい感じがしませんでした。
 でも確かに今回はこちらにも落ち度はありました。最後まで責任を持って飼えな
いのなら、決して餌を与えては行けないことを知らされました。今後はどんな動物
が来ても待合室で飼うことはしないつもりです。
 当のしま太郎は春になって暖かい日が続くと、駅に帰ってこないことが増えまし
た。さかりでもついたのか、3月半ばには1週間戻ってきませんでした。そしてま
た、僕達が里帰りする3日前から姿を見せなくなりました。とりあえずいつ帰って
来てもいいように餌は大量において来ましたが、果たして今どこにいることやら。
彼も彼なりに悩んでいるんでしょうね。
 ―――このメルマガは帰省中に書いたのですが、ちゃんと帰って来てました。駅
には誰もおらず寂しかったのか、人の足元をずっと付いてきます。でもまた今朝か
らいなくなりました。

━━━━━━━━━━━━━
● あとがき(中古車情報)
━━━━━━━━━━━━━
 現在、車乗り換え検討中です。今乗ってるストリームを必要な方、いらっしゃい
ませんか?詳細は以下の通りです。興味のある方は希望価格をメールで御連絡下さ
い。
 道内の方なら札幌で名義変更時にお渡しできます。御希望でしたらこちらで車検
もお受けいたします。現車確認いつでも大丈夫です。その他御質問があればなんで
もどうぞ。

 メーカー名:ホンダ、車種名:ストリーム、グレード名:2.0iL・4WD
 年式:平成13年、走行距離:52,000km、車検有効期限:平成18年6月
 ボディタイプ:5ドア3列シートワゴン、色:ホワイトパール
 修復歴:修復歴なし、定期点検記録簿:記録簿あり
 引渡し条件:点検整備後引渡し 所有者履歴:ワンオーナー
 ミッション:オートマチック(AT) ハンドル:右ハンドル
 クーラー・エアコン、CD・ラジオ、パワステ、パワーウィンドウ、アルミホイ
ール付スタッドレスタイヤ(2年使用)、エアバッグ、ABS、スキーキャリア


=== From HIRAFU Station =================================================
              ひらふの駅から
             No.31直前号(2006/10/31)
=========================================================================
 みなさん、お元気ですか。
 また半年の間、ご無沙汰となっておりますが、こちら比羅夫では現在薪割りの真
っ最中でして、雪が降り出すまでに終えてしまわなければならない仕事がたくさん
残っており、メルマガはまだ全く出来ておりません。
 ではなぜ発行したかと申しますと、例のごとく「まぐまぐ」から6ヶ月間発行の
ないメルマガを今月末で停止処理するとの連絡があったからです。

 ただ何もなしだと愛想がないので、こちらの現状を報告いたしますと、自宅ログ
ハウスは先日ついに完成しました。現在家具の搬入中で、冬支度が終わり次第入居
します。ホームページのリニューアル情報に写真を載せています。内装の写真は後
日アップの予定です

 さて今回の話題は、ログハウス建築の詳細、子供達の成長、しま太郎のその後な
どをお届けいたします。もし時間があり気も乗りましたら、最近テレビ取材を断っ
ている理由なんかも盛り込みたいなと思っています。
 うちの女将さん「あっちゃん」のコラムもひょっとしたら久々に登場するかもし
れません。

 予定では12月初め頃になると思いますが、発行までもう少しお待ちくださいま
せ。失礼いたしました。


=== From HIRAFU Station =================================================
              ひらふの駅から
             No.31(2007/2/15)
=========================================================================
 みなさん、お元気ですか。
 発行予定を12月初めにしていましたが、宿の改装などでやはり遅くなってしま
いました。
 こちら比羅夫は例年になく雪の少ない、日差しの多い、過ごしやすい冬を迎えて
おります。

 さて今回は以下の話題を御紹介いたします。
 久しぶりの発行ですので、項目がたくさんあるため、短めになっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 自宅ログハウス、ついに完成
● リニューアル情報
● しま太郎のその後
● 子供達の成長
● 最近テレビ取材を断っている理由
● パン作り
● 4月からの料金改定
● あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 うちの女将さん「あっちゃん」のコラムは、少々体調不良のため今回もお休み
です。楽しみにしていただいていた方、ごめんなさい。

━━━━━━━━━━━━━━━━
● 自宅ログハウス、ついに完成
━━━━━━━━━━━━━━━━
 一昨年7月から作り始めた自宅ログハウスに11月13日、ついに入居出来まし
た。間取りや設備品を熟慮した甲斐あって住み心地は最高です。さて、よく尋ねら
れる費用ですが、家具など生活用品も全て含んで980万円でした。さすがセルフ
ビルド、出費はかなり抑えられました。

━━━━━━━━━━━
● リニューアル情報
━━━━━━━━━━━
 自宅完成に伴い、これまでスタッフルームだった駅舎2階・和室を客室に改装い
たしました。こちらは女性の相部屋、または2名様貸切などで使用する予定です。
 また、冬期暖房の関係で駅舎が使用できないことがあるため、ログコテージでも
洗面が利用できるよう、トイレ内に水場を設けました。これはキャンプ用のウォー
タータンクの水を洗濯用のポンプで汲み上げるという簡易なものですが、駅舎まで
出てくる手間がなくなったので、素泊利用のお客様には便利にお使いいただけるか
と思います。
 また、駅舎1階談話室と両ログコテージに内線電話を設置しています。御用の時
は自宅までお越しいただかなくても、連絡出来るようにしています。

━━━━━━━━━━━
● しま太郎のその後
━━━━━━━━━━━
 しま太郎はこの夏、外泊することが多くなり、長い時は1週間近くいなくなるこ
とがありました。スキー場へ向かう途中にメス猫がいるので、おそらく会いに行っ
てるのだと思います。そんなある日、温泉帰りにその道を車で通りかかると、灰色
の猫と3匹の子猫が歩いていました。よく見ると子猫の尻尾にはトラ柄のしま模様
が…。駅にやってきたらどうしよう?(^_^;)
 なお昨年、素行不良で待合室を追い出された黒猫は近所の納屋の前で見かけまし
た。さすがしぶとい奴です。

━━━━━━━━━
● 子供達の成長
━━━━━━━━━
 おとなしかった弟の俊介が、2歳をさかいにずいぶんおしゃべりになってきまし
た。思い起こせば兄の祐作も2歳前からどんどんやんちゃになっていきましたっけ。
 赤ん坊からはすっかり成長した俊介ですが、まだまだ手はかかります。お客様に
は御迷惑を掛けないようにしますが、まだしばらく時間を取られそうです。
 一方、祐作は4歳になり、着替えや食事など少しづつ自分のことは自分で出来る
ようになってきて、こちらは少し楽になってきました。祐作は月齢より少し早く出
来るようで助かりますが、問題は俊介です。未だにトイレが使えません。どこです
ればいいのか解っているのですが、やる気がないのです。お片付けもほとんどしま
せん。これまで通り気長に諭していくしかないですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
● 最近テレビ取材を断っている理由
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ここ数年は子供の世話に時間を取られ、お客様のお相手をする時間もなかなかあ
りません。うちの宿はお客さまとのコミュニケーションを一番大切にしています。
時間が少ない中でも出来るだけコミュニケーションを取れるよう勤めていますが、
現在は満足できる状態ではありません。マスコミからの取材依頼は年数件あります
が、アピールするには少々お粗末です。また取材時は撮影協力にかなりの時間と労
力が必要ですが、それも現状では無理な状態です。
 また私自身、マスコミの取り上げ方にも少々疑問を抱いているのも事実です。
 そんなことでまだしばらくはテレビなどでお披露目することはなさそうです。

━━━━━━━
● パン作り
━━━━━━━
 先月からパン作りを始めました。実はジャムおじさんがパンを作る姿を見て感化
されました。子供達は焼きたてのパンを食べて大喜びでこちらも嬉しくなります。
これまでロールパン、アンパン、食パン、フランスパンを作りました。
 私は朝食にはパンが好きなので、宿の朝食もパンにしようと思ったのですが、お
客様にお出しできるほどたくさん作る設備と時間がありませんので、まだしばらく
は連泊メニューなどで時間がある時にでもお出ししていきたいと思っています。

━━━━━━━━━━━━
● 4月からの料金改定
━━━━━━━━━━━━
 例として、1泊2食付・駅舎2階ベッドルーム・男女別相部屋利用の場合、宿泊
3000円+夕食1500円+朝食500円=合計5000円といたします。
 宿泊と食事の単価を足していくと合計が出るよう、計算しやすく改定します。
 その他大きな変更は、1〜2名様一室貸切料金3000円を新設する予定です。
 詳細は近日中にホームページで公開します。

━━━━━━━
● あとがき
━━━━━━━
 これまでお楽しみいただきましたメルマガ「ひらふの駅から」は、今後ブログ形
式にし、ホームページでお楽しみいただこうかと考えています。その方が情報がリ
アルタイムですし、後でまとめる必要もないので何かと便利です。ブログをホーム
ページにアップ出来ましたら、最後のお挨拶を兼ねて御連絡させていただきます。

 今春の帰郷予定は4月12日(木)〜26日(木)です。正式に決まりましたら
こちらもホームページにアップします。今回は実家の方で少々変化があり、楽しみ
にしています。


=== From HIRAFU Station =================================================
              ひらふの駅から
          No.32(最終号・2007/3/19)
=========================================================================
 みなさん、お元気ですか。
 前号でお伝えしておりましたが、7年間に渡ってお送りしてきましたメルマガ
「ひらふの駅から」は、今後ホームページ上でのブログ形式に変更させていただき
ますため、今回で最後の発行となります。
 個人的なメルマガにもかかわらず、500人近い方にお読みいただき大変有り難
く思っております。最後の御挨拶を兼ねまして御礼申し上げます。
 ブログ「ひらふの駅から」は3月11日からすでにホームページ上にアップして
おります。もしお暇な時間がありましたら、これからはこちらの方を御覧いただけ
れば嬉しく思います。

 また、この冬はようやく少し自由な時間が持てるようになりましたので、ホーム
ページもかなり更新できました。4月からの料金表も出来上がっております。

 もうすぐ北海道の長い冬も終わり、今年もまた観光シーズンが始まります。
 これからもたくさんの旅人に喜んでもらえるような宿であり続けるようがんばっ
ていきます。
 みなさまも機会がありましたらぜひ比羅夫へお越し下さいませ。
 家族みんなでお待ちしております。

 ありがとうございました。