本文へスキップ
駅の宿ひらふ http://hirafu-eki.com/i/index.html staff@hirafu-eki.com TEL:0136221956 携帯版サイト

英語のホームページ
英語のページです

  相性診断テスト
予約しようか迷っているあなた。
当宿との相性をチェックしましょう。
  リニューアル情報
DIY(セルフビルド)大好きな
オーナーの最新改装報告です。
オーナー・プロフィール
南谷 吉俊みなみたに よしとし
昭和42年3月17日生
出身地・京都市 176cm、67kg A型
ニックネーム・なんちゃん
趣味・旅、日曜大工、スポーツ、パソコン

  プロフィール

昭和61年 4月  京都産業大学経営学部入学

     10月  サイクリングサークル入部 

           日本各地を自転車で旅する

  62年 3月  中国地方・九州

     7〜9月 北海道・信州 

  63年 4月  四国

      GW  信州

     7〜9月 北海道・東北、冨士登山 

平成 元年8〜9月 北海道 

   2年2〜3月 ニュージーランド自転車旅行 

      3月  京都産業大学経営学部卒業

      4月  京都の中堅商社へ入社 経理部へ配属

      8月  日光那須高原自転車旅行

   3年 8月  信州バイクツーリング

   4年 正月  韓国バッグパック旅行

      8月  ネパール 

   5年 正月  イギリス・フランス

      GW  九州バイクツーリング

      8月  ケニア・インド 

   6年 正月  中国

      GW  九州レンタカー旅行

      8月  カナディアンロッキー 

      9月  会社退職

     10月  南米自転車旅行 
         (チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジル、ボリビア、ペルー)

   7年 5月  南米から帰国

      8月21日 北海道移住 駅の宿ひらふ勤務

   8年 6月 1日 駅の宿ひらふの経営者となる 

     10月  東南アジアバックパック旅行 
         (タイ、カンボジア、ベトナム、シンガポール、マレーシア)

     11月13日 駅の宿ひらふのオーナーになる

  10年 6月 9日 丸太風呂完成

  11年 4月    九州レンタカー旅行

     12月21日 ログコテージ・すーる完成

2000年11月    四国レンタカー旅行

  01年11月    結婚

  02年 4月  ロサンゼルス・南米(チリ、アルゼンチン、ウルグアイ)新婚旅行 
  02年12月  長男誕生
  03年12月  トイレ・洗面所 建て替え
  04年10月  丸太風呂 建て替え
  04年11月  次男誕生
  06年11月  1年8ヶ月かけて自宅ログ完成
  07年 8月  長女誕生
  14年10月  ログハウス・あると完成

 お客さんからよくされる質問


Q.オーナーは北海道生まれですか?

A.いいえ、生まれは京都です。山の見える田舎町に住むのが夢で、会社を退職してここへ来ました。北海道にある旅人宿のオーナーは、こういう人がたくさんいますよね。

Q.どんな会社に勤めていたんですか?

A.京都にある社員300人程の中堅商社でした。現在、大証2部上場の結構優良企業だったんです。そこで4年半の間、経理関係の仕事をしていました。

Q.仕事は自分に合わなかったんですか?

A.いいえ、仕事は好きでしたよ。就職活動では一部上場企業から内定をもらっていたんですが、大学時代、財務管理を専攻しており、その会社だけが経理部門での採用を約束してくれたので入社を決めたんです。だから自分の好きな仕事をさせてもらってたんで、それほど不満はありませんでした。

 ただ、当時会社は上場を目差しており、僕はその中核になる部門にいたのですが、どうも会社が大きくなるに従い人間関係が気薄になっていくように感じていたんです。そのためこのまま今の仕事を続けていくことに疑問を感じていました。

Q.よく会社を辞める決心がつきましたね。

A.決心するのに3年くらいかかりましたね。入社して1年たった頃から、「何か違う、何か足りない。」って思い始めたんです。京都の北山あたりに土地を買って、週末ログハウスを建てに行こうかと計画したり、海外青年協力隊の参加を考えたり、自分の心の空白をなんとか埋めようとしました。でもどれも、いま一つ決心がつかず、中途半端な気持ちでいた1993年(平成5年)5月4日、僕にとって一生を左右する出来事が起こったんです。

 その日僕は、GWの連休を利用して九州へバイクツーリングに出かけていました。夜のフェリーに乗るために日南海岸を宮崎に向けて北上している時でした。都井岬から少し走り、右90°のコーナーを抜けると、右手にいきなり断崖絶壁の素晴らしい景色が現れたのです。僕はほんの一瞬、その景色に目を奪われました。その時間、わずか2秒程度。ところが、目線を前に戻した時、小さな女の子が右から走り出してきたのです。あわててブレーキをかけましたが、間に合わず衝突し、女の子を対向車線へ跳ねとばしてしまったのです。その時の光景は、今でもはっきりとした映像で、しかもスローモーションで残っています。女の子はゴム人形のようになって8mも転がっていったのです。後の現場検証でわかったのですが、僕が目を離すのと女の子が飛び出すのが同時だったので、気付くのが遅れ、最悪のタイミングだったようです。さらに悪いことに、連休前で忙しかったため、任意保険の更新手続きを忘れており、なんと3日前に期限切れしていたのです。それに気付いた時にはもう生きた心地がしませんでした。

 でも捨てる神あれば拾う神ありで、あれだけの事故にもかかわらず、女の子は左足を骨折してしまったんですが、頭などは打撲だけで済み後遺症も心配ないとのことでした。ぶつかった時、僕はハンドルを左に切って避けようとしたらしく、その時フロントフォークが女の子の足に当たったのが骨折の原因でしたが、本田のVFR400Rというフロントカウル付のバイクに乗っていたため、衝突時の衝撃をカウルが割れることによって吸収してくれたのです。さらに幸運だったのは、女の子の両親がとてもいい方で、その日フェリーに乗れなかったので自宅に一晩泊めてもらうことになりました。そんなことが影響して、その後の民事処分は、以後十分気を付けるようにとの注意だけで罰金などは一切なし、行政処分も免停1日で済みました。事故の大きさから考えると本当に幸運でした。

 帰りのフェリーの中では毛布にくるまってもなかなか寝られず、あのときもし打ち所が悪かったらとか、もし対向車が来ていたらとか、悪いことばかり考えてしまい、涙がいつまでも止まりませんでした。このとき、僕にとって一番ショックだったのは、女の子をひいた瞬間、最初に出てきた一言でした。それは「俺、一生会社にいなあかん!」という言葉でした。女の子にもしものことがあったら一生懸けて償う気持ちから出てきた言葉だったんですが、このとき初めて自分は会社での仕事が本当にやりたいことじゃないんだと気付いたんです。人生は何が起こるかわからない。だったら自分にやりたいことがあるなら、出来るうちにやっといたほうがいいと思う様になったんです。あのとき十字架を背負わされることになってもおかしくなかったんだし、これからは神様がお情けで与えてくれたおまけみたいな人生だと思った時、会社を辞める決心がつきました。

Q.どうして比羅夫を選んだのですか?

A.特にこだわりはなかったのですが、本州の文化圏は抜け出したいと思ってました。
 会社にいた頃、よく九州へ旅に出ていたので、知り合いが多い九州の方が仕事は探し安いだろうと思ったんです。でも、季節が夏だったので、とりあえず北海道で探して、なければ九州へ行こうと軽い気持ちでいました。

 北海道だとやはり、山の見える大雪・知床・日高・ニセコ。1995年(平成7年)8月、フェリーで小樽について、まず最初にニセコに来ました。自転車旅行をしていた平成元年に羊蹄登山をしようと、何も知らず駅寝をしに来たのが、前オーナーとの出会いでした。最初はニセコ近辺の仕事状況を聞こうと思っていたんですが、話が進んでいくと最後にはここで働かないかということになっていました。その時オーナーは、ログハウスの建築の仕事を本格的にやってみたかったらしく、この宿は僕に任してくれるというのです。ただ、食事と部屋だけは面倒を見るけど給料を払えるほど余裕はなかったのです。建築の仕事が軌道に乗ってオーナー自身の生活に支障を来さないようになれば、宿を譲るというのが条件でした。

 でも僕はいきなり田舎に住むつもりはなかったのです。最初はきっちり収入を確保できる仕事をして、週末や連休に旅をして自分の気に入った場所を見つけて、それから徐々に移住を考えていたのです。少し考える時間が必要でした。

 その後、富良野周辺にも仕事を探しに行き、求人はあることはあったのですが、
「せっかくそこそこ満足していた仕事と安定した収入を捨ててここまで来て、またサラリーマンをやったのでは会社を辞めた意味がないやないか。宿の仕事がうまくいかなくても、それからでもサラリーマンは出来る。騙されたつもりで一度やってみよう。」そんな気持ちで少し開き直って、この仕事に就きました。

 ただ、今から考えると僕はすごく運命的なものを感じます。神様にここに来るように導かれたような、そんな気がします。

Q.宿の仕事は大変じゃないですか?

A.大変だと感じるのは、お客さんが2カ月間絶え間なく続く夏場と、スキーシーズンだけですね。でも、閑散期はこっちがいくら来てほしくても、1〜2週間お客さんがないこともあるので、働けるってことはとても嬉しいことなので、忙しくて嫌だと思ったことは一度もないですよ。

Q.休みはあるんですか?

A.はい、4月と11月はお客さんが最も少ない時期なのです。そういった時期を利用し京都へ帰ったり、旅行に行ったりします。
 普段はお客さんがない時が休みです。